美と健康と可能性をカタチにするお手伝い | クウィーポインターナショナル

ダイエットの正しい知識情報・その4

ほんの30年も前は、食後のデザートが季節の果物でした。
これって、若い人も、きっとご両親や、おじいちゃん、おばあちゃんから
聞いたことのある伝説でしょう(笑)
 
そうです、私達の時代は(昭和30~40年代の話ですが)、
ケーキは誕生日とクリスマスくらいでした。
つまり、食後のデザートが、
ケーキやアイスクリームになってる分、カロリー多いですよね。
回数も、誕生日とクリスマスだけじゃないから、間違いなく多いですよねぇ~。(#^.^#)
 
それも、焼肉食べたあとにやっちゃ・・・アイタタタ!

いかんですよねぇ~(#^.^#)
 
ああ、お肉の我慢はどうしたか?ですか?
ふふふ(#^.^#)
1ドルが360円の頃で、輸入牛は、高級品。
当然、各地の和牛。。。あの頃も今も超高級品ですよぉ~。
 
我が家では、大晦日に家族で紅白歌合戦見ながらの『すき焼き』ぐらいでしたわ
あ・・決して超貧しい人ではなかったと思うよ(親に気を使ってます・・笑)
 
ステーキなんていう塊のお肉を食べるようになったのは、私が社会人になった頃。
そう、初めてのステーキは、忘れもしない『新入社員歓迎会』だったわ(#^.^#)
一人のコースが、7000円から10000円くらいだから、
男性はデートの時、頑張ってくれてたんだよね(感謝)
 
つまり、今の人がダイエットのために我慢するのとは違って、
そういう意味では楽でしたね。
そういう「焼肉」的な文化自体がなかったんですからね。
 
普段の食生活は当然、メインは魚、鶏肉か豚肉が追加されたら笑顔。
 
あの頃はみんながそうだったから我慢じゃなかったのです
そう考えると、今の人は(今の時代は)、我慢からのスタートだから、可哀想だよね
あの頃いただけなかった私たちの年代の人にとっては、
「解禁記念日」以来、飽食との戦いの膜が下ろされちゃったし・・・
クラス会に行くと・・・大変な目に合ってるよね、みんな。。
あんなに素敵だった人が、う~ん残念!では、ダメよぉ…(涙)
 
で、運動量。
交通も公共機関を使う人が圧倒的に多かったから、
時刻表見て階段を駆け上がり、駆け下りて乗り換える。。。
運動なんて考えないで、ただただそうしないと次に進まなかっただけ。
おまけにすごく混んでて、
一本足打法ごとく次の駅まで片脚なんて事もざらでした。
つまり、
生活活動だけで充分の運動量があって、充分疲れていたのです。
 
日本人は太らないはずの民族だったんですよ。。。あの頃は
でも知ってしまった料理が増えて、美味しさを知って、
お口の中の思い出が呼び起こす願望と戦うのは辛いですねぇ~。

見直すには勇気と知識が必要なので、

また、詳細は次回に書きますね。

大丈夫です!

日本人は、ちゃんとやせる事が出来るのです。

なぜなら日本食が存在するからです・・・では次回に。

»
«